カヌーで四万十川下り

四国最強のアウトスポットスポットいえば、四国山地の奥深くで産声を上げる四万十川です。蛇行を繰り返しながら途中で支流を集めて、太平洋へと流れつく全長約196kmの大河です。四万十川に来たら是非カヌー体験をしてみましょう。流れが緩やかな下流ではビギナーであっても、インストラクターの指導の下でカヌーに乗ることができます。またカヌーだけではなく、屋形船に揺られてゆったりと河口付近を遊覧する楽しみ方もあります。澄んだ水と戯れながら、のんびりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

太平洋でホエールウォッチング

高知県に面する太平洋では、ニタリクジラやマッコウクジラに遭遇できるスケールの大きなホエールウォッチングを楽しめます。高知県内各地にはホエールウォッチング用の船が出ています。ただし、ほとんどの船で予約制となっていることは知っておくと良いです。海の真ん中でクジラやイルカに出会えたとき、誰もが感動すること間違いありません。それと同時に、クジラやイルカが暮らす海や自然の大切さを感じることになるでしょう。

 

日曜市を歩いてみよう

高知では月曜日を除いて、どこかで街路市が行われています。その中でも、ありとあらゆるものであふれかえっている日曜市は特に面白いと評判です。賑やかな通りを歩いてみると、地元の人たちと触れ合うことができます。日曜市は路面電車の蓮池町通停車場から、すぐの場所で開かれています。早朝から日暮れまで開いているので、無理に早起きすることもありません。日曜市では地元で採れた野菜や食べ物など、美味しい誘惑がいっぱいです。